バナー

自分でVIO脱毛を行う場合は

VIO脱毛とはデリケートゾーンのビキニラインのVライン、股間節の内側で陰部の両サイドのIライン、肛門の周りのOラインのムダ毛の脱毛のことを言います。

エステサロンなどで施術を行ってもらう場合にはアドバイスなどを受けることができますが、自分でVIO脱毛を行う場合はVIO脱毛を行う部分の形などを考えながらおこなう必要があります。

目的に応じてNAVERまとめに関する情報です。

またVラインの場合は自分で見ることができるので処理がしやすいですが、Oラインの場合はどうしても直接見るのが難しい部分でもあるため鏡などに映しながら慎重に行うことが大切です。


自分で行う場合はシェービングや専用のワックス、専用のクリームなどを用いる方法などがあります。



どの方法にしてもまず形をきちんと決めることから始めます。

Vラインにする場合には上部の幅が人差し指と中指の2本を合わせた幅、高さは恥骨から3センチから5センチほどを目安にするとローライズのショーツなどからはみ出ることがなくきれいな形にすることができます。

本当に役に立つ新宿のvio脱毛の情報が必要な方必見です。

形が決まったら眉毛用のハサミを使って処理する毛を短くカットし、毛の流れに沿ってカミソリやシェービングで形を整えます。

この時、処理する部分の毛が長いままだと処理が行いにくかったり、毛を巻き込んでしまうことがあるので手間がかかると思ってもきちんとカットするようにしましょう。

脱毛処理が終わったら肌トラブルを予防するためにも、化粧水や乳液などを使ってしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。